合格体験談(○です)



最端製図 .com では大変お世話になりました。

学科クラブ 1 期生、製図は 5 ・ 6 期生となります。

まず学科クラブですが、各項目要点がまとまっていて大変理解しやすかったです。

項目ごとに説明があり、最後に練習問題がついていて、その場で復習ができます。

ぼくの場合、計画的に(毎日 2 項目づつ読み進める等スケジュールを組んで) PC に向かって

PDF ファイルを読み進め、自分が苦手なところや覚えにくいところだけプリンアウトして

通勤電車の中で読んでいました。

構造力学については先生のお薦めされている参考書を購入し、週末などに集中して取り組みました。

法令集は総合資格のものを購入。

線引きはテキストで出てきたら行うようにし、やたらめったら引いたりしませんでした。

そのためか学科試験の時、周囲の受験生と比べるとぼくの法令集はすごいきれいでした・・・

 

自習スタイルでの勉強ですが、わからないところはメールや掲示板を使って質問すれば、

先生が「即座に」お答えくださるので、安心して取り組むことができました。

特に仕事をしながら受験する方にとっては、自分で時間を作って計画的に進めていかなければならないので、

この学科クラブのスタイルとフォロー体制はとても有効だと思います。

おかげで学科の試験は 88 点を採ることができました。

 

製図は初めての経験で、職場の上司から製図用具を借り、製図板は購入するところからのスタートでした。

エスキスってなに?とか、無駄にいろんな太さのシャープペンを揃えたり、あたふたと準備しました。

H22 年度は、後半戦課題 5 枚・シンクロ模試 1 枚・オリジナル課題集 4 枚の計 10 枚の作図と、

夏期講習を受講して試験に臨みましたが、ランク U で不合格でした。

H23 年度は前半戦課題 5 枚・前半戦シンクロ模試 1 枚・後半戦課題 5 枚・後半戦シンクロ模試 1 枚の

計 10 枚の作図です。

たくさん枚数描かないとだめだと言われますが、添削課題だけで十分だと思います。

もちろん、エスキースコードやドローイングコードは何度も何度も読み返しました。

H22 年度の 1 枚目の作図は 8 時間以上かかりました。

何を書いているかもよく分からず、何が良くて何が悪いかもわかりませんでした。

返送されてきた添削を見ると真っ赤です。

びっくりしました。

これの繰り返しで少しずつ指摘は少なくなり、たまに「大変よく描けています」

なんてコメントがあると、とてもうれしく、自信になりました。

作図の時意識したのは、指摘されたことを次に指摘されないようにすることです。

例えば、 10 指摘があったとして、次の課題では 3 つ指摘されないよう意識し、

それができたらその次の課題でもう 3 つ指摘されないよう意識するといった具合です。


 

一気にすべての指摘を意識して改善することは難しいので、少しずつクリアしていきました。

その積み重ねが減点の少ない作図となっていくのだと思います。

それと、自分の作図しやすいパターンを見つけ、それに嵌め込むよう意識してました。

例えば、ゾーニングはまず、小部屋 2 コマ・廊下 2 コマ・大部屋 5 コマとし、要求室を並べていく。

その後それぞれの課題要求に応じて崩していくような感じです。

なので、だいたい同じような形状の建物が描きあがります。

この辺りが先生の言われる、「パズル」なんだということを最後の方に気付きました。

ある程度1パターンで描けると、床伏図なども間違えにくくなります。

この方法を H23 年度の後半戦で見つけ、作図スピードも上がるようになりました。

作図スピードが上がれば見直しの時間も十分とれます。

気持ちにも余裕が生まれます。

 

H23 年度の試験の時は、 30 分でエスキス完了、割と丁寧に作図して 3 時間 15 分で作図終了し、

45 分も見直すことができました。

それでも平面と立面の不整合や、スロープ 1 か所設置忘れなどありましたけど・・・


これから受験される方、

しっかりと自分の目標と信念を持って、最端製図 .com を信じて頑張ってください。

特に社会人の方は時間を作るのが大変だと思いますけど、すべて自分次第です。

1 年だけ無理してがんばればいいんです。早朝、深夜、勤務中、通勤中・・・いくらでも時間は作れます。

作った時間は無駄にしないよう集中してください。

また、ご家庭をお持ちの方はご家族の協力を最大限お願いしましょう。

ぼくは小学 1 年生になった息子の勉強机を 2 年も製図板で占領してがんばりました。息子よ、ごめん・・・

休日は出掛けてもらい、勉強できる環境を作ってもらいました。

 

最後になりますが、

先生方からの厳しくて適切な指摘やアドバイスと、励ましのおかげで、

2 年かかりましたが、無事合格できました!

本当に大変お世話になり、ありがとうございました。

これからもたくさんの受験生を応援して、合格させてあげてください。